限度額で金利が異なる

上述したように最高金利が付いているプランは大体1番限度額が低いプランです。といったことからも分かるように、限度額によって金利はそれぞれ違っています。ですから、当然平均的にはA社の方が金利が安いけれども、100万円の限度額だけで見たら、A社よりもB社の方が金利が安かったということも十分にあり得るというわけです。

ですから、金利が低い消費者金融を探す上では勿論上述した最高金利を見ることによって全体的に金利が低そうだなと判断するのも1つの調べ方なのですが、自分が使用したいお金がいくらなのかがはっきりとしているのであれば、限度額で注目してみることもおすすめします。

同じ限度額のプランでも会社によって金利が異なっていて、自分が借りたい金額に相当する限度額で最も低い消費者金融を探せばまさに自分にとっては「最も金利の低い消費者金融」ということになるでしょう。

ちなみに最近では条件によっては一定の期間以内にお金を返しきることが出来るのであれば、金利が一切付かないというプランを儲けている会社もあります。自分の借りたいお金がどのぐらいのものなのかを見直すのは非常に大事です。すぐに返せるぐらいなら金利が無くなる場合もありますし、それによってより金利の低い会社を選択する材料になります。